ラニアケアより絶対こっち!ウミガメ遭遇率No.1!ハレイワ・アリイ・ビーチ

ハレイワ・アリイ・ビーチの場所

ハレイワ・アリイ・ビーチは、オアフ島のノースショアのハレイワ・ロード沿いにあるビーチです。

ワイキキからだとフリーウェイのH1 West、H2 Northを使って約1時間です。

ハレイワ・アリイ・ビーチにバスで行く場合

バスで行く場合は、クヒオ通りにあるオハナ・ワイキキ・マリア正面のバス停(Kuhio Ave + Lewers St)から2番のバス(School St – Kalihi Transit Center行き)に乗り、「S Beretania St + Punchbowl St」で下車します。

降りたバス停で52番のバス(Wahiawa – Haleiwa行き)に乗り換えて「Kamehameha Hwy + Haleiwa Rd」下車します。

降りたバス停から北(バスが走って来た方向)に戻って西に向かうハレイワ・ロードを歩くと右手側にハレイワ・アリイ・ビーチパークの看板が見えます。

ハレイワ・アリイ・ビーチの設備について

ビーチパークなのでパーキング、トイレ兼簡易更衣室、シャワーが完備されおり、無料で使用できます。

またライフガード常駐しており監視も行われています。

屋台のような小さい出店がある場合がありますが、Tシャツと数種類の飲み物を売っている程度なので、飲食類はあらかじめ用意して持って行きましょう。

ハレイワ・アリイ・ビーチに行くのに必要なもの

歩いて行く気になる範囲に飲食店はないので飲食類は事前に購入して持って行きましょう。

アリイ・ビーチに向かう途中にノースショア・マーケットプレイスなどのショッピングセンターもありますので立ち寄って購入しても良いでしょう。

あとはビーチタオルと着替えくらいでしょうか。

ハレイワ・アリイ・ビーチで過ごす際の注意点

ハレイワ・アリイ・ビーチで過ごす際の注意点をいくつか書いておきます。

治安について

比較的治安は悪くありませんが、車上荒らしなどの対策として車できた際は車外から見えるところにバックなどの荷物は置かないようにしましょう。

例え貴重品が入っていなくても貴重品がありそうに見えるものはおいておくべきではありません。

サーフィンの有名なポイントにもなっているので、平日に行ってもある程度の人が訪れていますし、ライフガードも常駐しているのでそれほど危険は感じませんが、貴重品は肌身離さず、荷物は目の届く範囲におくという基本は守りましょう。

ハレイワ・アリイ・ビーチでの禁止事項について

サーフィンのポイントになっているだけあって冬場は波が高く遊泳禁止になっている日が多いです。 ビーチに掲示されている各種注意の看板を確認しつつ、注意に従ってください。

ハレイワ・アリイ・ビーチに限りませんが、ビーチでの喫煙、飲酒は法律で禁止されていますのできちんと守りましょう。

帰る際はゴミはきちんとゴミ箱に捨てていきましょう。

現地の人はあなたを通して”日本”という国を見ます。 日本人の代表という意識を持ってマナーとその国のルールを守りましょう。

会えるおすすめのビーチ、ハレイワ・アリイ・ビーチのまとめ

ノースショアのハレイワでウミガメで有名なビーチとしてラニアケアビーチがとても有名ですが、遭遇率で言えばハレイワ・アリイ・ビーチの方が会える確率が高いです。

ウミガメがビーチで昼寝している時間帯は午前中から午後の早い時間までなのでその時間帯に行くことをおすすめします。

ノースショアのハレイワは、町並みも良く有名なシュリンプトラックやショッピングセンター、小さいけどオシャレなお店がたくさんあるのでハレイワタウンを散策しつつアリイ・ビーチに行くのも良いと思います。

バスだと非常に時間がかかるのでレンタカーを借りて車で行くほうが効率よく色々見て回れるのでおすすめです。

以上、ウミガメと出会えるハワイオアフ島のおすすめビーチ、ハレイワ・アリイ・ビーチの紹介でした。

記事を最後まで呼んでくれてありがとうございました、マハロー!